未分類

XMのスプレッドってどうなの?

XMの平均スプレッドは他社と比較して並

XMの平均スプレッドは他社と比較して並のアイキャッチ画像
XMの魅力には、最大レバレッジ888倍・豪華なボーナスプログラム・豊富な取引銘柄数・信頼性の高さ・日本語サポートの充実などがあげられます。

しかし、海外FXを利用する中でも重要となるスプレッドですが、XMの平均スプレッドは他社と比べてみても並みのレベルで決して狭くはありません。

実際のところXMのスプレッドは他の海外FX業者と比べてどうなのかについて説明します。

<平均スプレッド比較表>

業者名 USD/JPY GBP/JPY AUD/JPY EUR/USD
XM 1.6pips 3.5pips 3.0pips 1.6pips
Axiory 1.5pips 2.7pips 2.1pips 1.3pips
TitanFX 1.3pips 2.5pips 2.1pips 1.2pips
LANDFX 0.8pips 1.8pips 1.6pips 0.8pips

上記の海外FX業者と比較しても分かりますが、結論としてスプレッドは狭くないです。
むしろ上記海外FX業者の中では主要通貨の全てにおいて一番スプレッドが広いことが分かります。

但し、上記の中でXMが一番スプレッドが広いのには理由があります。

それは最初にも説明した通りXMにはスプレッド以外の魅力があるからです。

上記の海外FX業者の中で比較すると、スプレッド以外の(最大レバレッジ・ボーナス・取引銘柄数・信頼性・日本語サポート)は全てにおいてXMが一番優れています。

また、スプレッドを意識する上で重要なのがトレードスタイルです。

スイングトレードやポジションを長期保有するトレードスタイルの場合はスプレッドをそこまで気にする必要はないと思います。

デイトレードの場合でも、XMにはスプレッドが広い分最大レバレッジ888倍でトレードできるので、僅かな差のスプレッドの為に他の海外FX業者を選択することはトータルコストで考えるとデメリットとなります。

但し、スキャルピングの場合は注意が必要です。

ハイレバレッジで一日に何回も短納期売買を繰り返すスキャルピングがメインのトレーダーの方は、少しでもスプレッドが狭い海外FX業者を使用したほうがいいのでXMは不向きかもしれません。

以上、スプレッドといってもトレーダーのスタイルや、FX業者を選ぶ上で何を重視するかによっても変わってきます。

スプレッドだけで比較すると他の海外FX業者に劣っていますが、様々な分野から比較してトータルで考えるとXMが日本人に一番人気な理由が納得できるかと思います。

XMのFX通貨の平均スプレッド一覧

XMのFX通貨の平均スプレッド一覧のアイキャッチ画像
<XMのメジャー通貨ペア平均スプレッド一覧>

通貨ペア 平均スプレッド
USD/JPY 1.6pips
EUR/JPY 2.6pips
GBP/JPY 3.5pips
AUD/JPY 3.0pips
NZD/JPY 5.0pips
EUR/USD 1.6pips
GBP/USD 2.3pips
AUD/USD 1.8pips
NZD/USD 3.0pips

<XMの貴金属平均スプレッド一覧>

貴金属名 平均スプレッド
GOLD 3.5pips
SILVER 3.6pips
PALL 40.0pips
PLAT 30.0pips


<XMの商品CFD平均スプレッド一覧>

商品名 平均スプレッド
COCOA 1.1pips
COFFE 7.0pips
CORN 22.0pips
COTTO 4.4pips
HGCOP 7.0pips
SBEAN 1.0pips
SUGAR 0.8pips
WHEAT 12.0pips


<XMのエネルギーCFD平均スプレッド一覧>

エネルギー名 平均スプレッド
BRENT 0.5pips
GSOIL 15.0pips
NGAS 3.0pips
OIL 0.5pips
OILMn 0.5pips


<XMの現物インデックス平均スプレッド一覧>

現物インデックス名 平均スプレッド
AUS200Cash 30.0pips
CHI50Cash 1.6pips
EU50Cash 21.0pips
FRA40Cash 18.0pips
GER30Cash 20.0pips
GRE20Cash 30.0pips
HK50Cash 1.4pips
IT40Cash 1.3pips
JP225Cash 1.2pips
NETH25Cash 6.0pips
POL20Cash 0.3pips
SINGCash 6.0pips
SPAIN35Cash 0.7pips
SWI20Cash 50.0pips
UK100Cash 15.0pips
US100Cash 20.0pips
US30Cash 20.0pips
US500Cash 7.0pips


<XMの先物インデックス平均スプレッド一覧>

先物インデックス名 平均スプレッド
CHI50 1.8pips
EU50 30.0pips
FRA40 30.0pips
GER30 40.0pips
JP225 2.4pips
SING 9.5pips
SWI20 60.0pips
UK100 30.0pips
US100 45.0pips
US30 60.0pips
US500 11.0pips
USDX 5.0pips

XMの3つの口座タイプで比較

XMの3つの口座タイプで比較のアイキャッチ画像
XMには全部で3種類の口座タイプが用意されています。

  • スタンダード口座
  • マイクロ口座
  • ZERO口座

1つずつ見ていきましょう。

スタンダード口座

スタンダード口座は、XMの3つの口座の中でも初心者から上級者まで幅広く一番人気の口座となっています。

最小Lot数は0.01Lot(1,000通貨)からで、最大Lot数は50Lot(500万通貨)までとなっています。

マイクロ口座

マイクロ口座はスタンダード口座に比べて1Lotあたりの取引数量が少なく、少額資金でトレードしたい方におすすめの口座です。

最小Lot数は0.01Lot(10通貨)からで、最大Lot数は100Lot(10万通貨)までとなっており、スタンダード口座と比べると1/100の取引量となります。

ZERO口座

ZERO口座はスタンダード口座とマイクロ口座に比べてスプレッドが狭く設定されており、スキャルピングや短期売買を繰り返すトレーダーにおすすめの口座となっています。
但し、スプレッドが狭い分ポジションを持つごとに取引手数料が掛かかるので注意が必要ですが、XMでスキャルピングをする場合はZERO口座がおすすめです。

スタンダード口座とマイクロ口座は、最大レバレッジ・スプレッドに変わりはありませんが、最低入金額と1Lotあたりの取引数量が違います。

その為、初心者の方で少ない資金でトレードをしたい方や、練習の気持ちでリアルマネーでトレードしたいような方はマイクロ口座でトレードすることをおすすめします。

ある程度トレードに慣れてきて取引量を増やしたい方や、ハイレバレッジで大きく勝負してみたい方などはスタンダード口座でのトレードをおすすめします。

最後にまとめになりますが、国内FX業者での経験もなく始めてFXに挑戦するという方は、まずはマイクロ口座から少額資金で始めて慣れてきたらスタンダード口座に切り替えて、海外FX業者の醍醐味であるレバレッジを最大限活用してハイレバトレードに挑戦する方法がいいと思います。

そして既にFXの経験があり、国内FX業者でのレバレッジでは物足りないという方は、初めからスタンダード口座でレバレッジを活用してトレードするのが効率的かと思いますので、ご自身のトレードスタイルに合わせて決めてみてください。